スペインのBBVA:4-6月純利益、前年同期比34%増

スペイン2位の銀行、バンコ・ビ ルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア(BBVA)が28日発表した2009 年4-6月(第2四半期)決算は、融資収入増加で純利益が前年同期 比34%増加した。

当局への届け出によると、純利益は15億6000万ユーロと、前年 同期の11億6000万ユーロから増加。前年同期は早期退職者向け費用 として3億2900万ユーロを計上したため利益が押し下げられた。ブル ームバーグが集計したアナリスト11人の予想中央値(13億ユーロ) を上回った。

純金利収入は27%増の35億9000万ユーロ、融資額は横ばいの 3356億ユーロだった。資産の減損処理コストは70%増の10億3000 万ユーロとなった。

総融資額に対する不良債権比率は3.2%と、前年同期の1.3%、昨 年12月の2.3%から上昇した。同行の帳簿上で「疑わしい」に分類さ れる融資は78億ユーロと、前年同期の25億ユーロから3倍以上に膨 らんだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE