日立:5子会社を全額出資に、最大2822億円で成長事業強化

製造業で売上高国内3位の日立製 作所は28日、来年3月末までをめどに東証上場の5つの子会社を全 額出資とすると発表した。グループ内の連携強化戦略に沿った措置で、 10月までに株式公開買い付け(TOB)を実施、最大で2822億円相 当を投じる。借り入れなどで必要資金を調達可能としている。

対象は日立マクセル、日立プラントテクノロジー、日立情報シス テムズ、日立ソフトウェアエンジニアリング、日立システムアンドサ ービスで、現在の日立の出資比率は間接保有も含め51-69%。TO B期間は各社とも8月20-10月8日で、100%取得できなければ、日 立株との株式交換も行う方針。5社は上場廃止となる。

日立は前期に世界的な不況から過去最大の純損失を計上。再生を 掲げ4月にトップに就任した川村隆会長兼社長は28日夕の会見で、 07年から電力・産業や情報通信を中心とする「社会イノベーション 事業」の再編・強化を進めており、今回の完全子会社化もその延長線 上と説明した。

川村氏は、この時期に決めた理由として、米オバマ政権が自動車 よりも環境に優しい鉄道の再敷設を表明したエピソードを引用。こう した「情報通信や電力・産業、環境を融合した製品が強く要望され る」現状では、5社のような同事業関連の組織を「一体化しないと大 きなシステムでビジネスができない」と強調した。

「子会社の自主独立を第一義」とする日立のグループ戦略の転換 については、「自主独立の気風を残しながら全体最適を考える」とし て各子会社を説得した、という。そのうえで一連の再編により、来期 の純損益黒字化を実現する意向を示した。

発表後の日立株は下落

みずほ投信投資顧問の岩本誠一郎シニアファンドマネジャーは 「投資額に見合う効果はあまり期待できない」とコメントしている。 発表後の日立の株価は下落に転じた。

2822億円は、5社が個別に発表した買い付け代金の合計。日立 広報担当者の高橋正浩氏によると、これら各社が保有する自社株や、 日立本体が間接保有する株式などを除いてカウントした必要額は、 2789億円となる。

会見に同席した三好崇司副社長は買い付け資金を「コミットメン トラインの枠内で調達できる」と語った。高橋氏によると日立は6月 末現在、連結ベースで5847億円の手元資金を保有しているほか、コ ミットメントラインの未実行枠も5630億円ある。

三好氏によると、5社の完全子会社化は日立の連結損益に、前期 実績ベースで「200億-300億円」の効果がある。しかし、財務面で は「少数株主持ち分が減って借金が増え、当面厳しい」という。

前週末比30-64%のプレミアム

1株当たりの買い付け価格は、マクセルが1740円で24日終値に 43%のプレミアムを付けた。プラントテクノの610円は同30%増し、 情報システムズの2900円は33%、ソフトの2650円は55%、システ ムアンドサービスの2150円は64%のプレミアムを、それぞれ加えた。

5社の株価は、日立が買い付けを発表した午後1時から一時売買 停止となったが、再開後はTOB価格にさや寄せする形で上昇した。 日立株は下げに転じ、終値は前日比11円(3.6%)安の293円だった。

4-6月期は赤字転落

同時発表した4-6月期の連結決算(米国会計基準)は、純損益 が827億円の赤字だった。前年同期は316億円の黒字。昨秋以来の不 況やリストラ負担が響いた。営業損益も506億円の赤字(前年同期は 777億円の黒字)に転落。売上高は同26%減の1兆8929億円だった。

通期予想は据え置き。純損失は前期の過去最大7873億円からは 縮小するものの2700億円、売上高は前期比11%減の8兆9000億円、 営業利益は同76%減の300億円を見込んでいる。

前期の巨額損失で3月末に前年同期の半分強の11.2%となった 自己資本比率は、6月末時点でも11.3%。三好氏は「財務体質が痛 んでいるため、幅広く資金調達を検討したい」と資本増強の必要性を あらためて示したものの、具体策についてはコメントを避けた。

--取材協力 近藤雅岐 Editor : Chiaki Mochizuki、Takeshi Awaji

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 駅 義則 Yoshinori Eki

+81-3-3201-3422 yeki@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

大久保 義人  Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net ソウル Young-Sam Cho +82-2-3702-1639 ycho2@bloomberg.net

Takashi Kawamura Takashi Miyoshi Masahiro Takahashi

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE