日立:4-6月の純損益は827億円の赤字転落-不況やリストラが負担

総合電機国内最大手の日立製作所の 第一四半期(4-6月期)の連結決算(米国会計基準)は、純損益が 827億円の赤字だった。前年同期は316億円の黒字。昨秋以来の不況や リストラ負担が響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。