原油は10年に80ドルに-米資源投信で成績首位ヴァン・エック氏

米国で過去5年間の成績が首位の 天然資源投資信託を運用するデレク・ヴァン・エック氏は、原油相場 が18%上昇し2010年に1バレル当たり80ドルになるとの見通しを示 した。米国と中国の経済成長が加速するためとしている。

ヴァン・エック氏(44)はニューヨークからの電話インタビュー で「あらゆる景気対策に伴う経済システムへの資金流入により商品取 引は適度に好調となるだろう」と述べた。

エネルギーや金属関連株に投資するヴァン・エック氏の04年7月 以降のリターン(投資収益率)は年率18%と、調査会社モーニングス ター(シカゴ)が対象としている天然資源ファンド75本の平均のほぼ 2倍に上る。同氏が担当する運用資産10億ドル(約950億円)の「ヴ ァン・エック・グローバール・ハードアセッツ・ファンド」の大口投 資先は、米ノーブル・エナジーと米アナダーコ・ペトロリアムとなっ ている。

ブルームバーグ・ニュースがアナリスト18人を対象に実施した調 査の中央値によると、ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油 相場は10年10-12月(第4四半期)に1バレル当たり72.50ドルに 上昇すると予想されている。今月24日終値は68.05ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE