三菱重:来春にも北米で風力発電機工場-オバマ政策追い風に(訂正)

三菱重工業は、早ければ来春にも 北米で風力発電機工場を建設する。オバマ米大統領が代替エネルギー 産業を積極的に育成する方針を打ち出すなか、増加が見込まれる風力 発電の取り込みを急ぐ。同社の佃嘉章取締役が27日、ブルームバー グ・ニュースのインタビューで明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。