三洋化株連騰で年初来高値、主力化学品伸び中間計画増額-コスト減

機能化学品を手掛ける三洋化成 工業の株価が大幅続伸。主力の生活・健康産業関連製品が好調なほか、 各種コスト削減も進み、4-9月期(第2四半期累計)業績予想を上 方修正した。収益底入れ期待を背景とした買い圧力が強まり、一時前 日比10%高の545円と、1月7日に付けた年初来高値(542円)を 更新した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。