日経平均10連騰ならず、ハイテクやガラス株に売り-銀行は終日堅調

東京株式相場は、日経平均株価が 10営業日ぶりに小幅反落。前日に21年ぶりの9連騰となるなどで高値 警戒感が漂う中、連騰中に大きく上昇した業種が下げた。電機や精密機 器といったハイテク株、ガラス・土石株が安い。国内企業の決算発表本 格化を前に投資家の様子見姿勢も強く、売買は低調だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。