債券相場は堅調、景気不透明感から現物買い-株高一服で先物横ばい圏

債券相場は堅調(利回りは低下)。 景気の先行きに不透明感が残るなか現物市場では超長期ゾーン中心に投 資家の買いが入った。一方、株式相場が市場予想に反して小幅マイナス 圏で推移するなか、債券先物は横ばい圏での推移が続いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。