米S&P/ケース・シラー住宅価格指数、5月は前年比17.9%低下か

28日に発表される全米主要20都 市を対象にしたスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)/ケース・ シラー住宅価格指数は、5月に低下のペースが鈍化したもようで、米 住宅市場の安定化を示すさらなる裏付けとなりそうだ。

ブルームバーグ・ニュースが金融・調査機関32社を対象に実施し た調査では、同指数は前年同月比17.9%低下(中央値)が見込まれて いる。4月は18.1%低下だった。

需要の安定に加え、差し押さえ物件の住宅販売に占める割合が低 下していることから、住宅価格下落ペースの鈍化が続く可能性が高い。 ただ、失業増加と弱い信頼感、不動産相場下落に伴う資産価値の目減 りは、住宅市場の回復が根付くには時間がかかることを示唆している。

クリアビュー・エコノミクスのケン・メイランド社長は「住宅市 場は底打ちし、段階的な回復の途上にあるようだ」と指摘。「保有住 宅の評価額について、売り手は明らかに以前よりも現実的になってい る」と語った。

S&P/ケース・シラーの20都市を対象とした住宅価格指数は午 前9時(ニューヨーク時間、以下同じ)に発表される。ブルームバー グ調査での予想レンジは17.5%低下から18.3%低下。低下率は1月に 19%と、2001年の統計開始以来で最大となった。

米民間調査機関コンファレンス・ボードが午前10時に発表する7 月の消費者信頼感指数は49.0と、6月の49.3から低下したもよう。 予想レンジは44-56。同指数は5月に8カ月ぶり高水準を記録した。

-- With assistance from Chris Middleton in Washington. Editors: Carlos Torres, James Tyson

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Courtney Schlisserman in Washington at +1-202-624-1943 or cschlisserma@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey at +1-202-624-1972 or canstey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE