三菱マテ:8月から銅地金フル生産も下期以降は未定―需給見極めで

銅精錬国内3位の三菱マテリアル は、火災事故の影響で7割まで稼働率を落としていた製錬所が銅地金 生産の遅れを取り戻すため、8月からフル稼働に入る。ただ、下期に 入る10月以降もフル生産を継続するかは検討中で、需給動向を見極め た上で判断するという。銅事業カンパニーの渡瀬研一営業部長が27 日、ブルームバーグ・ニュースとのインタビューで答えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。