米ドル指数が低下、年初来の最低水準-景気底打ち感に伴う株価上昇で

28日の金融市場では、米ドルが下 落。世界経済がリセッション(景気後退)から脱しつつあるとの見方 を受け、株式相場が2003年以来の最長の上げとなったほか、高利回り 資産への投資が促されたことが背景。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。