仏LVMH:1-6月は23%減益、ワイン在庫調整-決算情報漏れる

高級ブランド品最大手の仏LVM Hモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンが27日発表した2009年1-6月 (上期)決算は、前年同期比23%減益となった。シャンパンの「モ エ」と時計の「タグ・ホイヤー」の需要の落ち込みや、販売業者による 在庫圧縮が響いた。

LVMHによると、1-6月期の純利益は6億8700万ユーロとな り、前年同期の8億9100万ユーロから減少した。4-6月(第2四半 期)の売上高はほぼ横ばいの38億ユーロだった。

広報担当者によると、決算情報が市場に漏れたため予定より2日早 く発表した。同社によると、第3者を通じたシャンパンやワイン、宝飾 品、時計の売上高は「大規模な在庫調整の影響」を受けた。このため、 ファッション部門の「ルイ・ヴィトン」などのブランドの伸びが相殺さ れた。

ベルナール・アルノー会長は発表資料で、7-12月(下期)に 「危機対応の経費削減策を実施する」と表明。上期に同社の事業が「良 い回復力を示したことに安心した」とも述べた。

同社は発表資料で、経済環境がワインやスピリッツの「売上高と収 益性の重しになった」と説明。時計と宝飾品の市場も「特に厳しい状況 だった」とした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE