NY銅先物:昨年10月以来の高値へ上昇-需要見通し改善の兆しで

27日のニューヨーク銅先物相場は 上昇し、昨年10月以来の高値を付けた。世界的な金属需要見通しに改 善の兆しが見られることが支援材料となった。

米国の6月の新築一戸建て住宅販売は前月比11%増と、この8年 で最大の伸びとなった。ドイツの8月のGfK消費者信頼感指数は3 カ月連続で上昇、韓国の7月の消費者信頼感指数はほぼ7年ぶりの高 水準となっている。銅相場は年初から81%の値上がり。

ゴールド・アロー・キャピタル・マネジメントのパートナー、ヘ イスベルト・フルーネウェーゲン氏(ニューヨーク在勤)は「予想し たよりも景気が良いと見る向きから買いが入っている」と述べた上で、 「センチメントの改善が金属相場を押し上げている」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物相場9月限終値は前週末比2.3セント(0.9%)高の1ポンド=2.545 ドル。一時は中心限月としては昨年10月7日以来の高値となる2.579 ドルを付ける場面があった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE