コンテンツにスキップする

NY金:上昇、ドル下落で代替投資需要高まる-終値956.30ドル

ニューヨーク金先物相場は上昇。 ドルが下落し、代替投資としての金需要が高まった。

ドルは主要6通貨バスケットに対して7週間ぶりの安値に下げ た。金は過去2週間で4.8%上昇、その間にドルは1.8%下落した。 午前に発表された6月の米新築住宅販売は前月比で11%増と、伸 び率が過去8年間で最大だった。

ソシエテ・ジェネラルのロンドン在勤のアナリストらは、「前 向きな景気見通し」とドルの下落が金相場にとって「やや強材料」 となったとのリポートを発表した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先 物8月限は前営業日比40セント高の1オンス=956.30ドルで 取引を終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE