コンテンツにスキップする

英国債:下落、2年債利回り1.35%-株高と英住宅価格安定で売り

英国債相場は下落。株価がほぼ6 カ月ぶり高水準に上昇したほか、7月の英住宅価格が3カ月連続で横 ばいとなったことが景気底入れの兆しととらえられ、安全投資先とし ての国債への需要が後退した。

英FTSE100指数が11営業日連続で上昇するなか、2年債利 回りはほぼ1カ月ぶり高水準に押し上げられた。英ホームトラックの リポートによると、7月には英国10地域中、8地域で住宅価格が前月 比横ばいとなった。

RIAキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、ニック・ スタメンコビッチ氏は「債券市場はリスク志向の回復により圧迫され ている。最近の経済統計には意外なほど上振れリスクがかかっている」 と語った。

ロンドン時間午後5時26分現在、2年債利回りは前週末比4ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上げ1.35%。同国債(表 面利率4.25%、2011年3月償還)価格は前週末比0.07ポイント下 げ104.60。10年債利回りは3.96%と、前週末からほぼ変わらず。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE