米シティのパンディットCEO:アジア事業縮小の考えはない-WSJ

米銀シティグループのビクラム・ パンディット最高経営責任者(CEO)はアジア事業を縮小する考え はないと述べた。米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙が インタビューをウェブサイト上で報じた。同CEOはまた、アジアが 「世界の経済成長において相応以上の貢献を成し遂げる」と予想した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。