ガイトナー財務長官:財政赤字削減と貯蓄拡大を約束-米中戦略対話

ガイトナー米財務長官は27日、 ワシントンで始まった米中戦略・経済対話で挨拶し、米国は今後4年 間にわたり財政赤字圧縮と貯蓄拡大に取り組むと約束した。また、中 国に対しては世界的なリセッション(景気後退)の影響を軽減する努 力を継続するよう求めた。

ガイトナー長官は「個人貯蓄の拡大維持を図るほか、2013年まで に政府の財政赤字を持続可能な水準まで削減する方策に取り組んでい る」と述べた。

ガイトナー長官とクリントン米国務長官は、2日間の日程で米中 対話を主催。オバマ政権にとっては初めての会合となる。中国側から は王岐山副首相や戴秉国・国務委員らが出席している。

同長官はまた、「オバマ大統領もクリーンエネルギーや教育、医 療保険など米国をより生産的で繁栄に導く分野に投資することに尽力 している」と指摘。「これらの投資は、米国の力強い経済成長と持続 可能な経常収支を確実にする」と強調した。

さらに過去数年、記録的な貿易黒字を計上している中国に対して は内需を拡大するよう改めて要請。その上で「中国政府が消費を拡大 させるなど内需主導型の経済構造へのシフトを成功させることは、世 界経済のより迅速で均衡の取れた、また持続可能な成長に向け多大な 貢献となろう」と語った。

-- With assistance from Indira Lakshmanan in Washington. Editors: Brendan Murray, Chris Anstey

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro 記事に関する記者への問い合わせ先: Rebecca Christie in Washington at +1-202-654-1273 or Rchristie4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey at +1-202-624-1972 or canstey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE