米エトナ:通期見通しを下方修正、4-6月期利益は予想下回る

医療保険で米3位のエトナは27 日、通期の収益見通しを引き下げた。下方修正は過去2カ月で2度目。 低料金の保険販売で収入を伸ばしたが、医療コストの上昇が業績を圧 迫した。

株価は通常取引開始前の時間外取引で一時8.4%安の24.40ドルと なった。4―6月(第2四半期)決算は前年同期比28%の減益だった。 年金コストの上昇と訴訟費用を除くベースでの1株当たり利益は、ア ナリスト予想を10セント下回った。

エトナは2009年通期の1株当たり利益を2.75-2.90ドルと予想。 6月2日に示した3.55-3.70ドルから下方修正した。

発表によると、4―6月期の純利益は3億4660万ドル(1株当た 77セント)と、前年同期の4億8050万ドル(同97セント)から減少。 調整後の1株当たり利益は68セントと、アナリスト14人の予想平均 78セントを下回った。収入は前年同期比11%増の86億7000万ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE