ハンガリー中銀:6カ月ぶり利下げ、政策金利1ポイント下げ8.5%に

ハンガリー中央銀行は27日、政 策金利の2週間物預金金利を9.5%から1ポイント引き下げ8.5%とし た。利下げは6カ月ぶりとなる。通貨フォリントの上昇で金融安定化 に向けた懸念が和らいだ上、リセッション(景気後退)がインフレを 抑えていることが背景。

ブルームバーグがまとめたアナリスト23人の調査では、全員が 9%への利下げを見込んでいた。

ハンガリーは昨年、欧州連合(EU)加盟国では初めて国際通貨 基金(IMF)の緊急融資を受けた。フォリントが対ユーロで記録的 低水準まで下落したことを背景に、1月以降は政策金利を5カ月連続 で据え置いていた。同国政府が財政赤字に対処する政策を推し進めた ことを受け投資家信頼感が改善し、フォリントは3月の安値から16% 上昇している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE