サルコジ仏大統領、検査受け退院-暑さと疲労による目まいの症状

26日にジョギング中に体調不良を 訴え病院へ搬送されたフランスのサルコジ大統領は27日、検査の結果、 特に異常がないことが分かり退院した。

サルコジ大統領は、カーラ・ブルーニ夫人に付き添われて車まで 歩いた。仏大統領府の27日の声明によると、大統領は病院で一晩過ご し、心臓と神経、血液に関する一連の検査を受けたが、倒れたことに よる影響は見つからなかった。同大統領は意識は失わなかったが、暑 さと仕事の疲れが原因で目まいの症状が出ていたと診断された。

声明は「治療は何も施されなかった」とした上で、「大統領は数日 間は休養するよう指示された」と説明している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE