印タタ・モーターズ4-6月:58%増益-資産売却など寄与

インドのトラックメーカー、タタ・ モーターズが27日発表した2009年4-6月(第1四半期)決算は、 純利益が前年同期比58%増となった。自動車販売が低迷したものの、 資産売却や会計規則の変更が寄与し、予想外の増益となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。