公取委:クアルコムに排除命令へ、メーカー拘束し独禁法違反-日経

27日付の日本経済新聞夕刊による と、公正取引委員会は米携帯電話用半導体大手クアルコムに対し、同 社と日本の携帯電話メーカーとのライセンス契約の手法は独占禁止法 違反と認定、排除措置命令を出す方針を固め、事前通知した。携帯の 技術をめぐる排除命令が出れば、初のケースになるという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。