コンテンツにスキップする

今日の国内市況:日経平均21年ぶり9連騰、債券軟調-ユーロ強含み

東京株式相場は、日経平均株価 が1988年2月以来、約21年ぶりの9連騰を記録した。国内証券大 手3社の4-6月期決算が黒字化したようだと一部で報じられ、野村 ホールディングスなど証券株が上昇。グループ5社を完全子会社にす るとの一部報道のあった日立製作所を中心に、再編期待から電機株も 買われた。

日経平均株価終値は前週末比144円11銭(1.5%)高の1万 88円66銭。TOPIXは同7.78ポイント(0.9%)高の928.26。

週明け日本株は取引開始直後から上げ幅を拡大、日経平均は早々 に今月1日以来の1万円大台を回復し、午後の取引では一時1万179 円59銭と、6月12日に付けた1万170円82銭を上抜け、年初来 高値を更新した。9連騰となり、1988年2月10日から27日の13 連騰以来の連続上昇を記録。

米S&P500種株価指数が2008年11月5日以来、香港ハンセ ン指数が08年9月9日以来の高値を更新するなど海外株高の流れを 受け、株式に対する投資家心理が改善した。先駆けて発表された米国 企業の4-6月期決算が事前予想より良好だったため、本格化してい る国内企業決算への期待が高まった。

特に上げが目立ったのは証券株で、証券・商品先物取引指数は東 証業種別33指数の値上がり率1位となった。26日付の日本経済新 聞朝刊は、野村HLD、大和証券グループ本社、日興コーディアル証 券の証券大手3社の4-6月期決算が、そろって最終黒字に転換した ようだ、と報道。企業の大型資金調達や個人向けの投資信託販売が増 え、手数料収入が伸びたとしている。

投資家心理が強気に傾く中、好材料の出た業種には素直に資金が 流れた。日立製作所が売買を伴って上昇。東証上場のグループ5社を 完全子会社にする、と27日付の日経新聞朝刊が報道。対象となった 日立マクセル、日立プラントテクノロジー、日立情報システムズ、日 立ソフトウェアエンジニアリング、日立システムアンドサービスは、 すべてストップ高(値幅制限いっぱいの上昇)比例配分で終えた。日 立株は東証1部の出来高ランキングで4位。

債券軟調

債券相場は軟調(利回りは上昇)。米国景気の回復期待から日経 平均株価が昨年10月以来の高値圏に達したことなどで、長期ゾーン に売りが優勢となった。一方、国内景気の先行き不透明感を反映して 中期ゾーンには投資家の買いが続いた。

東京先物市場の中心限月9月物は、前週末比9銭安い138円31 銭で始まり、株高を受けてすぐに138円24銭まで下落した。その後 は下げ幅を縮めて一時は6銭高の138円46銭まで上昇したが、午後 に入ると再び売られて小幅マイナス圏での推移が続き、結局は5銭安 の138円35銭で引けた。日中の売買高は1兆4893億円だった。

24日の米国市場では景気回復期待を反映してダウ工業株30種 平均が小幅高となり、これを受けた国内市場において日経平均は9営 業日続伸して、一時は昨年10月7日以来の高値圏に到達。内外株高 に伴う景況感の改善を受けて債券先物には売りが優勢となった。

しかし、株価の堅調ぶりにもかかわらず、先物9月物の売買高 は2週間ぶりの低水準にとどまるなど売り圧力は強まらなかった。

現物市場で新発10年物の302回債利回りは、前週末比0.5ベ ーシスポイント(bp)高い1.385%で始まった。その後しばらく

1.38-1.39%でのもみ合いが続いたが、午後に売りが優勢となると 一時は1.395%まで上昇。4時10分現在では1bp高い1.39%とな っている。

前週の302回債利回りは内外株高などを背景にじり高に推移し、 23日には新発10年債として6月29日以来の高い水準となる

1.395%をつけた。

一方、中期ゾーンでは投資家の買いが根強いもようで、5年物 の84回債は0.5bp低下の0.67%となった。

ユーロが強含み

東京外国為替市場ではユーロが強含み。欧州景気の底入れ期待や 株価の堅調推移を背景に、超低金利の円やドルを売り、相対的に金利 の高いユーロを買う動きがじわりと進んだ。

一方、米国債の入札を控えて米長期金利の動向や米国株の上昇基 調の持続性を見極めたいとの意向も強い。

ユーロは対ドルで一時、1ユーロ=1.4268ドルまで上昇し、今 月23日に記録した6月3日以来のユーロ高値(1.4291ドル)に接 近。朝方にはバーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長の「米 財務省の強いドル政策」を支持するとの発言を手掛かりに1.41ドル 台後半までユーロ売りが先行する場面も見られたが、前週末発表の経 済指標が予想を上回り、ユーロ圏景気が最悪期を脱したとの観測が広 がるなか、ユーロの下値は堅かった。民間調査会社GfKが27日発 表した8月のドイツ消費者信頼感指数も市場予想を上回った。

ユーロは対円でも一時、1ユーロ=135円47銭まで上昇。午前 に付けた日中安値の134円26銭から1円以上値を戻し、前週末の高 値も上回った。

一方、ドル・円相場は1ドル=94円台後半でのもみ合いに終始。 対ユーロでのドル売り、円売りに挟まれるなか、上下ともに動きづら く、日中の値幅は94円99銭から94円68銭とわずか31銭にとど まった。

先週は予想を上回る米企業決算や米住宅関連指標などを手掛かり にダウ工業株30種平均が今月1月以降初めて9000ドル台を回復。 週明けの東京株式相場も続伸し、日経平均株価は1万円台を回復し、 約21年ぶりの9連騰を記録した。

24時間取引のGLOBEX(シカゴ先物取引システム)の米株 価指数先物もアジア時間27日午前の取引では軟調気味に推移してい たが、その後プラス圏に浮上。株高は投資家のリスク許容度の改善に つながるため、外国為替市場では資源国通貨や欧州通貨など相対的に 金利の高い 通貨が買われやすくなる。

オーストラリア・ドルは対米ドルで2営業日ぶりに1豪ドル=

0.82ドル台を回復。対円でも1豪ドル=78円台まで値を切り上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE