SMK株が午後急騰、上期利益予想増額-人員削減やタッチパネル好調

SMKの株価が午後急騰。一時前 週末比16%高の533円と6月24日以来、約1カ月ぶりの上昇率を記 録した。人員削減など1月から進めていた緊急施策の効果が出て、第2 四半期(2009年4-9月)利益が従来予想を大きく上回る見通しとな った。タッチパネルの販売好調も売上高全体を下支えしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。