スティープ化限界近い、業績期待の株高短命-三井住友海上・高野氏

三井住友海上火災保険投資部の高 野徳義グループ長は、長期・超長期金利の上昇の背景となっている企 業業績の改善期待や株高は一時的との見方を示したうえで、今後の景 気を見通した場合、利回り曲線のスティープ(傾斜)化は限界に近い との見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。