上海の銅・アルミ先物:9カ月ぶり高値-景気回復に楽観的な見方

上海の銅とアルミニウム先物相場 は27日、9カ月ぶりの高値に達している。世界的な株価の上昇に加え、 景気回復が続いているとの楽観的な見方が広がったことが要因。亜鉛 相場は10カ月ぶりの高値を付けた。

上海先物取引所の銅先物相場11月限は一時、前週末比1%高の1 トン当たり4万4140元と、昨年10月14日以来の高値となった。シン ガポール時間午前9時5分(日本時間同10時5分)現在、4万3870 元で取引されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE