米シティなどTLGP活用行、調達コストを240億ドル削減へ-WSJ

米紙ウォールストリート・ジャー ナル(WSJ、オンライン版)は、銀行大手シティグループや複合企業 ゼネラル・エレクトリック(GE)の金融部門GEキャピタルなど、米 連邦預金保険公社(FDIC)の暫定流動性保証プログラム(TLG P)を活用した金融機関は、向こう3年間で、計約240億ドル(約2 兆2800億円)の資金調達コストを削減できると、独自の分析結果を基に 報じた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。