有沢製株が連騰で年初来高値、コスト減で4-9月営業赤字が縮小へ

プリント基板向けの電子材料などを 手掛ける有沢製作所の株価が一時、前週末比6.5%高の692円と連騰、年 初来高値を更新した。6カ月累計(2009年4-9月)の連結営業損益が 7億5000万円の赤字と、従来想定の12億円の赤字から損失幅が縮小する 見通し、と24日の取引終了後に発表。電子材料分野で当初計画より売り 上げが増加するほか、コスト削減効果が寄与するためで、業況の好転を 見込んだが買いが優勢となっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。