明電舎株が続落、期待先行し株価は業績比較で割高-三菱U証格下げ

明電舎の株価が続落。電気自動車 向けモーター・インバーターなど新事業の将来性期待から株価が急騰し たが、業績面から見て割高感があるとの指摘が出ている。三菱UFJ証 券では24日付で、投資判断を「3(市場平均並み)」から「4(アン ダーパフォーム)」へ引き下げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。