債券相場は軟調、内外株高で長期債売りが優勢-中期債への需要は健在

債券相場は軟調(利回りは上昇)。 米国景気の回復期待から日経平均株価が昨年10月以来の高値圏に達し たことなどで、長期ゾーンに売りが優勢となった。一方、国内景気の先 行き不透明感を反映して中期ゾーンには投資家の買いが続いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。