商船三井:4-6月期の純損失130億円-通期予想は減額

世界的な景気悪化で荷動きが減速 する中、商船三井は27日、第1四半期(2009年4-6月)連結の純 損益が130億円の赤字と発表した。前年同期は553億円の黒字。今期 (10年3月期)連結の業績予想は、コンテナ船の運賃下落などで下方 修正した。

第1四半期の売上高は前期比41%減の2975億円、経常損益が 115億円の赤字(前年同期823億円黒字)だった。

今期連結の業績予想は、売上高が前期比28%減の1兆3500億円 (期初予想1兆4000億円)、経常利益は同76%減の500億円(同 800億円)、純利益が同76%減の300億円(同400億円)の見通し。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE