バーナンキFRB議長再任の是非、ルービニ教授らが論戦-NYT紙

今回の信用危機を言い当てたこと で知られる米ニューヨーク大学のヌリエル・ルービニ教授(経済学) とエコノミストのアンナ・シュワルツ氏は、26日付の米紙ニューヨー ク・タイムズ(NYT)の論説欄でバーナンキ米連邦準備制度理事会 (FRB)議長の再任の是非をめぐり論戦を展開した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。