今週の米経済指標:4-6月はリセッションが緩和-貿易や景気対策で

今週の米経済指標は、貿易や 政府の景気対策が住宅価格低下のほか在庫投資や個人消費、設備投 資の減少の悪影響を和らげ、過去50年間で最悪のリセッション (景気後退)が4-6月期に緩和した様子を示す可能性が高い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。