中国のシノケム:豪ニューファーム買収交渉を確認-「初期段階」

中国最大の化学製品商社、中国中 化集団公司(シノケム)は26日、オーストラリアのニューファーム 買収に向けて「初期段階」の交渉を行っていることを確認した。中国 企業が豪州最大の農薬メーカーであるニューファームの買収を試みる のはここ約2年間で2度目となる。

シノケムの広報は電子メールによる声明で、「交渉は予備段階にあ り、完了していない。進展するかどうか確実なことは何もない」とし た上で、ニューファーム買収は「シノケムが現在模索している潜在的 な成長機会の1つだ」とした。

買収が実現すれば、シノケムは除草剤と殺虫剤の市場シェアを拡 大でき、需要が回復するなかで豪州と米州に事業を広げられることに なる。ニューファームは、買収の可能性についてシノケムから打診を 受けたことを7月24日に認めていた。

ニューファームをめぐっては、中国の化学メーカー、中国化工集 団(ケムチャイナ)が以前、米買収ファンドのブラックストーン・グ ループの後押しを受け、30億豪ドル(約2330億円)での買収を目指し たものの、理由を説明せずに2007年12月に交渉を打ち切った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE