最も読まれた日本語記事(前週)-首位は「証券化の三原氏メリル退社」

前週(7月19日-7月25日)に最 も読まれたブルームバーグ・ニュースの日本語記事上位10本は次の通 り({JREAD}画面に基づき26日午後5時現在で集計。番号をクリックす ると記事が表示されます)。

1.メリル日本「パチンコ店」証券化の三原氏が退社-業務縮小 2.皆既日食、日本は悪天候-硫黄島ではダイヤモンドリング 3.米国債トレーダーが花形に復帰、Pディーラー増え人材引き抜きも 4.日経平均1月来の7連騰、円安やアジア高が午後寄与 5.衆院が解散、政権選択へ選挙戦が事実上スタート 6.日経平均が3年超ぶりに8連騰、好材料重なる米国株高受け 7.【書評】CEOは警告を無視-元トレーダーが描くリーマン崩壊 8.BNPやソシエテの複雑な仕組み商品不振、関連人材にパリの風 9.日経平均6連騰、業績期待で信越化に買い-鉄鋼や農機、鉄道関連 10.【東京グルメ】店名は喜び、中身はいまひとつ-「ピャチェーレ」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE