【日本株週間展望】1万円台は短命、低調な経済指標と政局変動警戒

7月第5週(27-31日)の日 本株は、8連騰の勢いに乗る日経平均株価が1万円台を回復する場面 も見られそうだが、長続きはしないもよう。発表される経済指標は回 復の弱さを示すとみられるうえ、8月の衆議院選挙後の不透明感から 積極的に動けないのが実情。相場は夏枯れとなりそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。