米財務長官:消費者金融保護庁創設案を擁護-下院金融委公聴会

ガイトナー米財務長官は24日、米 下院金融委員会の公聴会で、米議員から不要との批判を受けている、オ バマ大統領が打ち出した消費者金融保護庁(CFPA)を擁護した。消 費者監督権限を残したいとする金融当局の要請は拒否した。

ガイトナー長官は、米連邦準備制度理事会(FRB)と連邦預金保 険公社(FDIC)、銀行規制当局が自らの権限を行使して融資の乱用 から消費者を守ることができなかった以上、新たな機関が必要だと説明。 新機関は、他の規制当局の権限を引き継ぐ必要があるとした。

同長官は「この機関が単に規則策定の権限のみで実施権限が与えら れないとしたら、弱過ぎるだろう」と指摘。「率直に言って、うまく活 用されたとか、配分されたとは言えない実施権限を多様な人に分散した ままにしておく」のはうまく行かないだろうと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE