NY外為(24日):ユーロ、7週間ぶり高値近辺

ニューヨーク外国為替市場で はユーロが対ドルで7週間ぶりの高値近辺で推移した。欧州の製造 業とサービス業の活動を示す指数の悪化ペースが鈍化し、独企業景 況感指数が上昇したことが買いを誘った。

ドルと円に対する主要16通貨は2週連続で上昇。世界的な景 気回復の兆しを受け、高金利通貨への需要が高まった。ポンドは対 ユーロで過去1週間余りで最大の下げ。4-6月(第2四半期)の 英国内総生産(GDP)がエコノミスト予想の2倍以上のマイナス 成長となったことが背景。

RBCキャピタル・マーケッツのシニア通貨ストラテジスト、 マシュー・ストラウス氏(トロント在勤)は「勢いはまだユーロに ある。欧州経済には回復の兆しが出ており、世界の景気が底入れし つつあることを示唆している。外為市場ではリスクに対する広範な 認識がなお材料になっている」と述べた。

ニューヨーク時間午後4時15分現在、ユーロはドルに対して

0.5%高の1ユーロ=1.4214ドル。週間では0.8%高。前日には 一時1.4291ドルと6月3日以来の高値を付ける場面があった。ユ ーロは対円で0.3%上昇。1ユーロ=134円70銭(前日は134円 30銭)となった。週間では1.4%上昇。ドルは対円で0.2%安の 1ドル=94円76銭(同94円92銭)。

ユーロは6月初旬以来、1.40ドルの上下およそ3セントのレ ンジ内で推移している。

原油輸出国通貨

この日はドルと円に対してノルウェー・クローネとカナダ・ド ルの上昇が目立った。原油高が背景。

クローネは対米ドルで一時1.2%高、カナダ・ドルは米ドルに 対して0.8%高の1米ドル=1.0795カナダ・ドルドルと、6月上 旬以来の高値を付けた。ノルウェーとカナダにとって原油は最大の 輸出品。

英銀バークレイズのアナリスト、デービッド・ウー氏はポーラ ンド・ズロチなど東欧通貨が今後2週間に上昇するとの見通しを示 した。世界的な景気回復兆候から投機資金が同地域に流れ込むとの 見方が理由。ズロチは今週、3.1%上昇。

待機資金

ウー氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで「様 子見に回っている資金がまだかなりある。現在は投資家が運用を強 いられている状態だ」と話した。

米投資信託協会(ICI)によると、最も安全な投資先とされ る米短期金融市場ファンドの総資産は今週3兆6600億ドルと、1 月の3兆9000億ドルから減少傾向にある。

マークイット・エコノミクスが24日発表した7月のユーロ圏 景気総合指数(速報値)を材料に、ユーロは対ドルで上昇。同指数 は46.8に上昇、エコノミスト予想を上回った。活動の拡大・縮小 の分かれ目となる50は下回ったものの、縮小ペースは過去1年弱 で最小。ドイツのIfo経済研究所が発表した7月の独企業景況感 指数は87.3と、9カ月ぶりの高水準となった。

7月のロイター・ミシガン大学消費者マインド指数を受け、ユ ーロは対ドルで伸び悩んだ。同指数は66.0と前月の70.8から低 下した。マイナスは5カ月ぶり。

シティグループはカナダ・ドル買い、円売りの持ち高を解消し、 利益を確定するよう投資家に勧めた。カナダ・ドルは過去2週間に 10%上昇した。

同行の通貨ストラテジスト、トッド・エルマー氏はインタビュ ーで、「経済データが勢いづいていないときに、リスク通貨の上昇 が継続するのは困難だ」と指摘した。

同氏は24日付のリポートで、日本の海外投資が再び強まって いることを背景に、カナダ・ドルが対円で「もっと割安な水準」に 下落すれば、カナダ・ドル買い、円売りに再び動くべきだとの見解 を示した。

円は今週、主要16通貨すべてに対して下落。特にスウェーデ ン・クローナに対しては5.2%、南アフリカ・ランドに対して

4.5%と下げが目立った。日本の投資家の資金が高金利を求めて海 外に向かうとの見方が広がった。

ブルームバーグがまとめたデータによると、日本の機関投資家 は海外に投資するファンド向けに、少なくとも7000億円の資金調 達を目指している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE