7月24日の欧州マーケットサマリー:ダウ欧州600、10日ぶりに下落

欧州の為替・株式・債券・商 品相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.4224 1.4143 ドル/円 94.82 94.92 ユーロ/円 134.88 134.30

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 219.67 -.12 -.1% 英FT100 4,576.61 +16.81 +.4% 独DAX 5,229.36 -17.92 -.3% 仏CAC40 3,366.45 -7.27 -.2%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 1.32% +.03 独国債10年物 3.47% +.01 英国債10年物 3.96% -.01

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 951.50 +1.50 +.16% 原油 北海ブレント 69.55 +.30 +.43%

◎欧州株式市場

欧州株式相場は下落。前日に2006年以来で最長の連続高を記録 したダウ欧州600指数は、10営業日ぶりに下げた。スウェーデンの 無線通信ネットワーク機器メーカー、エリクソンの4-6月期利益が アナリスト予想を下回ったことを受け、売られた。

ドイツの製薬会社メルクKGaAは15%の大幅安。欧州連合 (EU)の規制当局が、同社の「アービタックス」を肺がん治療薬と して認可しなかったことが嫌気された。

ダウ欧州600指数は前日比0.1%安の219.67。週間ベースで は4.3%上げた。10日以降の上昇率は11%となった。

バンク・ジュリアス・ベアの欧州担当ストラテジスト、クリスト フ・リニカー氏(チューリヒ在勤)はブルームバーグテレビジョンと のインタビューで、「過去2週間で10%上げたことから、今後は値 固めとなる可能性がある。短期的には横ばいとなると考えられる」と 語った。

24日の西欧市場では、18カ国のうち11カ国で主要株価指数が 下落した。ダウ・ユーロ50種株価指数とダウ・欧州50種株価指数 はいずれも前日比0.1%安となった。

エリクソンは7.9%下げた。ダウ欧州600指数を構成するテク ノロジー銘柄は2.1%安となり、19産業グループのなかで最大の下 げを記録した。

スイスの農薬メーカー、シンジェンタは6.7%下落。同社の1- 6月(上期)純利益が13億9000万ドルと、アナリスト予想の14 億8000万ドルに達しなかったことが嫌気された。

ボーダフォン、テリアソネラ

英携帯電話サービス会社、ボーダフォンは2.9%高。同社の4- 6月期売上高は前年同期比9.3%増の107億ポンドとなったことが 材料となった。アナリスト予想では106億6000万ポンドだった。

スウェーデンの通信大手テリアソネラは7.5%高。同社が収益率 見通しを引き上げたことが買いを誘った。

◎欧州債券市場

欧州債市場ではドイツ国債相場が下落。週間ベースでは2週連続 の下げとなった。経済データが予想を上回る内容だったほか、企業収 益の改善で、ユーロ圏のリセッション(景気後退)が和らぎつつある との見方が強まった。

独10年債利回りは約1カ月ぶり高水準となった。この日発表さ れた経済指標で、ドイツの企業景況感が予想を上回る伸びとなったほ か、7月のユーロ圏製造業の縮小も予想よりも小幅だったことが背景 にある。英携帯電話サービスのボーダフォン・グループは同日、4- 6月期が増収だったことを明らかにした。

ドイツ銀行の金利ストラテジスト、ラルフ・プロイサー氏(ロン ドン在勤)は「予想を上回る経済データと企業業績が今週の市場を主 導した。このような環境下で国債が売りを浴びなかったとしたら、極 めて驚くべきことだ」と語った。

ロンドン時間午後4時現在、10年債利回りは前日比1ベーシス ポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し3.47%。一時は3.50% まで上げ、6月22日以来の高水準となった。前週末比では7bp上 昇した。同国債(表面利率3.5%、2019年7月償還)は前日比

0.11ポイント下げ100.24。2年債利回りは1.32%と、前日から 3bp上昇した。過去5営業日では7bp上げた。

◎英国債市場

英国債相場は上昇。英政府統計局(ONS)が発表した国内総生 産(GDP)は減少ペースが市場予想を大きく上回り、安全投資先と しての国債が買われた。

ロンドン時間午後5時30分現在、10年債利回りは前日比1ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)下げ3.96%。時間外取引 では一時4.01%と、先月11日以来の高水準を付けた。同国債(表 面利率4.5%、2019年3月償還)価格は前日比0.05ポイント上げ

104.29。2年債利回りは1.31%と、前日から3bp低下した。

RBCキャピタル・マーケッツの英金利商品開発責任者、ジョ ン・レース氏(ロンドン在勤)はブルームバーグテレビジョンとのイ ンタビューで、「英経済がプラス成長に戻りつつある兆候が見られる との希望は打ち砕かれるだろう」と語った。

23日には英国債相場が急落。10年債利回りの上昇幅は9日以来 で最大となった。英中銀の金融政策委員会(MPC)メンバー、アン ドルー・センタンス氏が、来月作成する経済見通しに基づいて、国債 買い取りプログラムを休止するかどうかを決定すると発言したことが 材料視された。

NI JFALL NI JPALL NI JHEAD NI JNEWS NI JBN NI TTT NI FRX NI STK NI EUB NI GLT NI CRUDE NI CMD NI JCMD NI GLD NI EUROPE NI EURO NI FRANCE NI UK NI GER NI DAYAHEAD NI TOPKAIGAI NI TOPJF NI TOPJ

##

##

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE