英国債(24日):上昇、10年債利回り3.96%-英GDPの悪化で

英国債相場は上昇。英政府統計局 (ONS)が発表した国内総生産(GDP)は減少ペースが市場予想 を大きく上回り、安全投資先としての国債が買われた。

ロンドン時間午後5時30分現在、10年債利回りは前日比1ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)下げ3.96%。時間外取引で は一時4.01%と、先月11日以来の高水準を付けた。同国債(表 面利率4.5%、2019年3月償還)価格は前日比0.05ポイント上げ

104.29。2年債利回りは1.31%と、前日から3bp低下した。

RBCキャピタル・マーケッツの英金利商品開発責任者、ジョン・ レース氏(ロンドン在勤)はブルームバーグテレビジョンとのインタ ビューで、「英経済がプラス成長に戻りつつある兆候が見られるとの 希望は打ち砕かれるだろう」と語った。

23日には英国債相場が急落。10年債利回りの上昇幅は9日以来 で最大となった。英中銀の金融政策委員会(MPC)メンバー、アン ドルー・センタンス氏が、来月作成する経済見通しに基づいて、国債 買い取りプログラムを休止するかどうかを決定すると発言したことが 材料視された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE