欧州株(24日):ダウ欧州600指数、10日ぶり下落-エリクソン安い

欧州株式相場は下落。前日に 2006年以来で最長の連続高を記録したダウ欧州600指数は、10営 業日ぶりに下げた。スウェーデンの無線通信ネットワーク機器メーカ ー、エリクソンの4-6月期利益がアナリスト予想を下回ったことを 受け、売られた。

ドイツの製薬会社メルクKGaAは15%の大幅安。欧州連合 (EU)の規制当局が、同社の「アービタックス」を肺がん治療薬と して認可しなかったことが嫌気された。

ダウ欧州600指数は前日比0.1%安の219.67。週間ベースで は4.3%上げた。10日以降の上昇率は11%となった。

バンク・ジュリアス・ベアの欧州担当ストラテジスト、クリスト フ・リニカー氏(チューリヒ在勤)はブルームバーグテレビジョンと のインタビューで、「過去2週間で10%上げたことから、今後は値 固めとなる可能性がある。短期的には横ばいとなると考えられる」と 語った。

24日の西欧市場では、18カ国のうち11カ国で主要株価指数が 下落した。ダウ・ユーロ50種株価指数とダウ・欧州50種株価指数 はいずれも前日比0.1%安となった。

エリクソンは7.9%下げた。ダウ欧州600指数を構成するテク ノロジー銘柄は2.1%安となり、19産業グループのなかで最大の下 げを記録した。

スイスの農薬メーカー、シンジェンタは6.7%下落。同社の1- 6月(上期)純利益が13億9000万ドルと、アナリスト予想の14 億8000万ドルに達しなかったことが嫌気された。

ボーダフォン、テリアソネラ

英携帯電話サービス会社、ボーダフォンは2.9%高。同社の4- 6月期売上高は前年同期比9.3%増の107億ポンドとなったことが 材料となった。アナリスト予想では106億6000万ポンドだった。

スウェーデンの通信大手テリアソネラは7.5%高。同社が収益率 見通しを引き上げたことが買いを誘った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE