アイスランド、EU加盟へ一歩リードか-欧州委が早期勧告の可能性も

欧州連合(EU)への加盟を正式 申請したアイスランドは、加盟審査でバルカン諸国より一歩リードす る可能性がある。27日開催のEU外相会合の草案で24日、明らかにな った。

これによると、EU外相会合は、EUの行政執行機関、欧州委員 会に対し、EUが定める法律へのアイスランドの順守状況について審 査の準備を開始するよう求めるもようだ。

草案では「EUは欧州委員会に対し、今回の加盟申請について、 EU拡大に対する新たな統一見解を考慮に入れた上で意見を提出する よう要請する」と記述。

アイスランド議会は先週、賛成33票、反対28票の僅差でEU加 盟交渉の開始を承認。人口約30万人の同国にとって、EU加盟が直面 する経済危機への解決につながるのか見方が分かれていることを反映 した。昨年の経済危機で同国通貨は80%下落した。

EUの拡大は2007年のブルガリアとルーマニアの加盟を最後に休 止。ドイツとフランスが中心となって開発が遅れている国、特にトル コの加盟に反対を表明している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE