三井石油開発:ベトナム国営企業とガス開発基本設計で合意

三井物産傘下の三井石油開発と米 シェブロンのベトナム子会社など4社は24日、ベトナム国営石油会社 との間で、同国南西沖での天然ガス開発の基本設計作業を行うことで 基本合意したと発表した。

同社の発表資料によると、現地子会社を通じB&48/95鉱区と 52/97鉱区に、それぞれ25.62%、19.60%の権益を保有しており、両 鉱区にまたがる共同開発地域で、約4.2兆立方フィートの天然ガス埋 蔵量を確認している。

基本契約書の締結で、上流開発とパイプライン事業の商業的・技 術的な主要条件を合意した。オペレーター(操業主体)のシェブロン が主体となり、上流開発の基本設計作業を開始する。上流開発とパイ プライン事業の総投資額は約40億米ドル(約3800億円)を見込んで おり、2014年の商業生産開始を目指す。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE