アジア株:9日続伸、韓国GDPや投資判断引き上げで-広達電脳高い

24日のアジア株式相場は上昇。M SCIアジア太平洋指数が9営業日続伸と、2004年8月以来の長期上 昇となった。韓国の2009年4-6月(第2四半期)の国内総生産(G DP)が高い伸びを示したことや、金融機関がパナソニックや台湾の 広達電脳の投資判断を引き上げたことが材料視された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。