米株価指数先物:アジア時間で下落-マイクロソフトなど決算に失望

米株価指数先物は、アジア時間 24日午後の取引で下落した。米マイクロソフトやアメリカン・エキス プレス、アマゾン・ドット・コムが発表した4-6月期決算が市場に 失望感を与えている。S&P500種株価指数は23日に8カ月ぶりの 高値を付けたものの、先行き軟調な展開を示唆している。

マイクロソフトは売上高と純利益が市場予想を下回ったことが嫌 気されて6.9%安。アメリカン・エキスプレスは5%の値下がり。リ セッション(景気後退)の影響で返済が困難なカード保有者が増える 中で減益となった。アマゾンは6.6%下落。値引き実施で売上高は市 場予想を下回った。

S&P500種先物9月限は日本時間午後2時49分現在、前日比

0.5%安の963.80となっている。ダウ工業株30種平均先物は29ド ル(0.3%)安の8962ドル。23日の米株式相場は上昇し、ダウ平均 は今年1月以降初めて9000ドル台を回復した。eベイやフォード・ モーター、AT&Tの決算が市場予想を上回ったほか、6月の米中古 住宅販売が予想以上に増加したのが買い材料だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE