台湾の茂徳科技、台中工場を分離へ-ハイニックスとの提携終了で

台湾の半導体メモリーメーカー、 茂徳科技は24日、韓国の同業大手ハイニックス半導体と結んでいた 先端技術を用いた生産提携の打ち切りに伴い、台中市の工場をスピン オフ(分離・独立)する計画を明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。