米カリフォルニア州知事:トヨタにGM合弁工場の継続を要請

米カリフォルニア州のアーノル ド・シュワルツェネッガー知事はトヨタ自動車に対し、同州内の米ゼネ ラル・モーターズ(GM)との合弁工場の継続を要請した。同州政府の ウェブサイトに掲載された23日付の報道資料で明らかになった。

知事が継続を求めた工場はGMとトヨタが1984年から共同で運営 しているニュー・ユナイテッド・モーター・マニュファクチャリング (NUMMI)。GMは6月29日にNUMMIからの撤退を発表して いる。これを受けトヨタはNUMMIを閉鎖する方針を固め、旧GM資 産の受け皿会社となったモーターズ・リクイデーションと交渉に入ると している。

トヨタの広報担当、加賀悠太氏は知事からNUMMI継続に関す る手紙を受け取ったことを認めたうえで、「知事や議員の方々からのN UMMI支援策の申し出に対しては感謝している」とコメントした。

--取材協力:桧誠司、萩原ゆき Editor:Hideki Asai、Takeshi Awaji

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 小松 哲也 Tetsuya Komatsu +81-3-3201-3370 tekomatsu@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先:

大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Bret Okeson +81-3-3201-8335 bokeson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE