マネックスG:第1四半期純利益は34%減、委託手数料が低迷

マネックス証券を傘下に持つマネッ クスグループの第1四半期(4-6月)連結純利益は前年同期比で34% 減だった。株式売買代金の落ち込みで主力の委託手数料が低迷した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。