経産相:環境対応車の増産努力促す-補助金制度延長の可能性も示唆

トヨタ自動車のハイブリッド車「プ リウス」の生産が注文に追いつかない状態になるなど、来年3月末まで の環境対応車への買い替え補助制度が受けられなくなる恐れが出ている ことについて、二階俊博経済産業相は24日の閣議後会見で、まずは自動 車メーカーに対して十分な供給を急いでもらうなどと述べ、増産努力を 促した。

また、二階経産相は買い替え補助制度に関して、今後弾力的な対応 を考えていく必要はあると述べ、制度延長などの対応を検討していく可 能性を示唆した。会見発言の内容は、経産省広報室の斉藤大作氏がブル ームバーグ・ニュースの電話取材に対して明らかにした。

トヨタは新型プリウスの納期についてホームページで、7月23日以 降の注文分は来年4月以降の工場出荷予定になるとしている。施行中の 「エコカー補助金」は来年3月末までに新車を登録した場合に交付され るほか、それ以前でも補助金予算がなくなった場合には交付されないた め、現在注文しても補助金交付の対象外になると注意喚起している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE