韓国電力公社の4-6月:市場予想に反して黒字-コスト低下が寄与

韓国最大の電力会社、韓国電力公 社が24日発表した2009年4-6月(第2四半期)の決算は、市場予 想に反して黒字となった。燃料コストの低下に加え、鉱工業生産の伸び に伴う電力需要の増加が寄与した。

同社の発表資料によると、第2四半期の純損益は2398億ウォンの 黒字。前年同期は7636億ウォンの赤字だった。ブルームバーグ・ニュ ースが集計したアナリスト11人の予想中央値では4112億ウォンの赤 字が見込まれていた。

ユージン・インベストメント・アンド・セキュリティーズは先月 12日付のリポートで、天然ガス価格が第2四半期に前年同期比49%値 下がりたことで、韓国の公益事業会社の燃料コストは3%低下したと指 摘した。製造業の景況感が9カ月ぶりの高水準を回復する中、5月の鉱 工業生産指数は前月比で5カ月連続のプラスとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE